セフレ募集サイトを利用し始めて以来、いったいどうやったら女の子とセックスができるかということばかり考えています。
すぐに恋人が欲しいとか、誰かと結婚したいとか、そういうわけではないんです。
多くの女性には怒られるかもしれませんが、私はもともとセフレ募集サイトを利用し始めた時からずっと、セフレとの出会い以外は考えてないんです。

結婚願望がなくても子供が欲しくなくても、性欲だけは募って仕方がないので、これをどうするか考えるのがセフレ募集サイトだと思っています。
もし将来的に結婚がしたくなったとしても、セフレ募集サイトではなく他の方法で相手を探すでしょうね。
そして、結婚を意識して誰か女性と付き合う時、セフレ募集サイトを利用してセフレを探していた頃の経験が生きればいいなと思っているのです。
今私がなんとかしたいのは性欲です、それ以外のことは特に考えていません。

絶対女性の中にもたくさんいるはずですが、セフレとの出会いを求めているのは男だけではありません。
世の中にはいろいろな人がいます、いわゆるヤリマンといわれる人だっているのです。
ただ、それを大っぴらに口に出す女性は少ないでしょうね。
本当は男性にしても、自分がセフレとの出会いを求めていることを大っぴらにしてセフレ募集サイトを利用するのはやめた方が良いんです。
そういう男性は多くの女性から「この人は気持ち悪い」というふうに判断されてしまいます。

どうやったら女の子とセックスができるか、そういうことばっかり考えるのは決して悪いことではないと思うのです。
そういうことをはっきり口に出してしまうのは問題ですが、どのようなものであれ、人生に目的があるというのは素晴らしいことです。
なんにもしないで自分の部屋にこもっているだけよりも、どうやったら女の子とセックスができるかどうかと考えるのは健全なことだと思います。

セフレとの出会いを求めているのであれば、それを大っぴらにいってはダメだということを書きました。
じゃあどうすればいいのか、まずはメル友として女の子との関係を深めればいいのです。
まずは相手の女の子に隙になってもらう努力をしなければ、セックスなんて許してもらえるわけがありません。
あと、セフレ候補としてセフレ募集サイトの女の子を狙うのであれば、処女を相手にするのは絶対にやめた方が良いです。
少なくとも処女の間は、女の子は自分のことをやたらと貴重品扱いします。
その貴重品扱いは、自分が恋をして失恋を経験するまで変わりません。
女の子は誰だって、一生に一度くらいは大きな恋を経験するものなんですが、冷たい言い方をすれば、その恋が上手くいかないということが分からないんですよ。

それで、自分は特別だと思いこんでるのが、好きな人に振られることによってそういう勘違いがなくなるんです。
それから女の子は、だんだんと恋愛に関して高望みをすることがなくなっていって、性的な欲求不満というものを強く感じるようになります。
人によっては、自分を特別扱いするあまりに性的な欲求不満を無理に抑え込んできたのかもしれません。
それが失恋を機にいっぺんにあふれだすんですね。

例えばセフレ募集サイトを通じて知り合った女の子とデートする機会があったら、どうやったら女の子とセックスができるかと考えるのもアリです。
ただ、そういう下心は絶対に顔とかに出しちゃダメですよ、女の子は特に敏感ですから、男の下心なんて簡単に見抜きます。
下心を隠せと言われても、それがなかなか難しいんですけどね。
ある程度女性とお付き合いした経験がなければ、下心を隠すというテクニックは身に就かないかもしれません。
そういう意味で、最終的には上手くいかなかった女性とのお付き合いも含めて、いろいろな経験を積んでいくことが重要です。

まず、例えば終電を逃したとか言って、帰れない口実を作っちゃうんですよ。
電車がないからとりあえずどこかに留まらないと仕方がないね、みたいな。
ちょっと卑怯なようですが、実は女の子にしたって、じぶんから「エッチしましょう」みたいなことを言うのは恥ずかしいんで、ホテルに行かないとどうしようもないというような口実を欲しがっているということもあるのです。

よく言われることですが、女の子はセックスする前なら特に、本当はそういうことも経験したいのだけど、それを自分の口から言うのは恥ずかしいから、まっとうな理由が欲しいと思うものなのです。
こういう理由があるから、実は不本意だけれど仕方なくこの人とホテルに行きました、というように自分に言い訳をできれば、それで結構納得するという子は多いです。

だいたい、一緒に食事に行って、電車がなくなるような時間まで一緒に男とお酒を飲んでいるなんて、男を誘っているようなもんですよ。
本当にその男のことが嫌いだったら、いろいろと理由をつけて帰るはずですから。
自分から言い出すのは恥ずかしいから、男がホテルに連れてってくれるのを待ってるんですよね。

電車がなくなったから仕方なくホテルに行って、そういう空気になったから仕方なくセックスして、ということになったら、女の子は「この男の人とセックスしたのは自分のせいじゃない」というふうに自分にいいわけができるので、安心するんですよね。

そういう乙女心を利用するのも、セックスのことを考えるんだったらありですよ。

援助交際で話がまとまったとき、私が提示した3万ですんなりOKしてくれた相手に、ちょっと不安な気持ちはありましたが、すぐ会うことにしました。
待ち合わせの場所にいったのはいいのですが、相手がなかなか現れず…
からかわれたのだと思い、帰ろうとしたときに呼び止めてきた女性がいたのです。
「援の子だよね?」
すごく怖かったですね、彼女にそう言われたときは。
だって完全に婦人警官だと思い込んでしまい、体が動かなくなってしまいました。
ところが彼女は私を見てにっこりして「やっぱりそうだ、行こう」
と言って手を引いたのです。
わけが分からず、そのまま強引につれていかれたのがラブホテル。

唖然としている私に彼女は、援助の関係でいいよと、また笑顔で言ったのです。
私の援助交際の相手は女だったのです。

出会い系の中にいれば、相手は誰でも男だと思いますよね。
しかし私はどういうことか、女を選んでしまったのです。
部屋に入った私は援助がしたいという気持ちよりも、早くこの場から立ち去りたい気持ちのほうが強く、しかし彼女のいきなりのキスで頭の中は真っ白になり、その先は記憶も曖昧ですが、とにかく彼女の柔らかい舌で陰部を舐められて気持ちよくなり、乳首を軽くかまれ喘ぎ声をあげていました。
指で膣の中をかき回されながら、ずっとキスをしていました。
彼女のテクニックは最高で、なにから何まで気持ちよくて男性とのセックスよりも感じていました。
何度イカされたのかわからないくらいで、シーツもぐっしょりだったのです。
お金は部屋を出る前に渡されましたが、それから彼女とのレズ行為ではお小遣いをもらいながら関係を続けてしまっています。
女性の体って柔らかくて、動きは繊細ですごく快楽を感じられること、彼女との行為で初めて知りました。

ペニスを入れられなくても、彼女の舌と指で十分すぎるほどの気持ちよさなのです。
男性とのセックスでは味わえない濃厚な何かを体全部で感じるレズ行為にはまりっぱなしです。
女のせふれでも作ってみようかなと思った経験でした。

ワクワクメールなどの出会い系で、本音で話ができる人や相談ができる人ができました。正直、エッチ目的で始めたことですが、やり取りをしている中で、ある女性が僕の悩みをちゃんと聞いてくれたことに感動してしまい、すっかりエッチなことを考えなくなってしまいました。
Continue Reading

Jメールの相手はギャル。
今までギャルとは関係をもったことはなかったのに、どうしてか彼女にはすごく魅かれたし、気になる存在でした。

ギャルと言うと、偏見かも知れませんが「頭が悪い」という感じがすごくするし、派手で色気を感じないといった雰囲気もありました。
ですが、彼女に会った時は全然そんな雰囲気はなく、もちろん派手ではありましたが口の利き方も普通で、それなりの知識もあったのです。

それにセックスの時には普通の女の子に戻るといった感じで、僕は彼女の普段とは違うギャップに更に魅かれていったのです。
確かに話し方は荒々しいところはありましたが、それも僕に抱かれているとすごく素直になり、甘えた声で僕にねだる姿は、子猫のようでした。
Continue Reading

友人に勧められて、ワクワクメールをやり始めて、ある女性と出会いました。
彼女は恋人を探しているといっていましたが、僕はただ普通にエッチなことが気軽にできる相手が欲しいと思い彼女にはその気持ちは言わずに会いました。
彼女と数回目のデートで、海に行きました。

泳ぎが得意ではないという彼女に、ぼくは体を密着させて常に海の中では彼女の体に肌を合わせていたのです。
しかし水着はエロイですよね。
Continue Reading